頑張る40代!

いろんなことに悩む暇があったら、さっさとネタにしてしまおう。

カテゴリ: 健康一番

目を開けておくと、目の奥が痛くなり、それが頭に響いてくる。
しかたなく、今日は神社や買い物で外出した以外は、家で寝ていた。
しかしなかなか寝付けない。
ここ数日、風邪を治すために睡眠を取ったので、寝不足からはほぼ解放されている。
だが、寝付けないのはそのせいではない。
寝汗だ。
昼間、外は暑かったものの、家の中はさほと暑くなかった。
それで寝汗をかくのだから、やはり熱があったのだろう。
そこに風を当てると、かなり寒く感じた。
それがまた風邪を悪化させる。

「風邪を引いたからといって、受け身の姿勢を取ってばかりいてはダメだ。風邪に攻撃を仕掛けて、追い出すんだ!」
頭痛の中、ぼくはそんなことを考えていた。
そこで取った策が、イメージによる風邪退治だった。
頭の中にいる頭痛の親玉を、イメージで作った武器でやっつけるのだ。
寝付けないから、目を閉じて、ずっとそんなことをやっていた。
すると、夜になってから、急に体が解放されたような気がした。
そこで起き出してみると、他の箇所はともかく、頭痛だけは治っていた。

ということで、これから熱の親玉と、それを操っている風邪の親玉に攻撃を仕掛けることにする。


追伸…起きてみると、熱から解放されていました。(09/29 9:44)


やはり熱があるのだろう。
昨日の記事に社会保険庁に行ったと書いたが、そういう大それた所には行ってない。
社会保険事務所に行ったのだ。
気がついたので、訂正しておいたが、こういう間違いも熱のせいだろう。

さて、今日は熱に加えて、頭が痛かった。
こういう状況になっても、いちおうは神社に行くのだが、帰る頃にはフラフラしていた。
しかもその途中、額の中心部が痛くなったのだ。
寝不足が絡んだりしているから、疲労と朝方の寒さからきた風邪だとは思うのだが、変に頭が痛くなったりすると、くも膜下だの脳梗塞だのの心配をしてしまう。

霊能士の方から未来を約束されているのに、この時期に、そんな大病にでもなったら大変である。
もしものことになったら、その霊能士は嘘つきというレッテルを貼られることになる。
そうならないように、しっかりとぼくのことを祈ってほしいものだ。


一昨日の夜、突然寒くなった。
いや、寝る時は少し暑かったのだが、朝方に冷え込んだのだ。
そのせいだろうか、昨日から少し熱があるように思える。
今日は銀行に行ったり、社会保険事務所に行ったりで忙しかったのだが、帰ってきてからダウンしてしまった。
鼻がムズムズしているし、やはり風邪だろう。
ということで、今日は無理をせずに、早めに寝ることにします。
では。


一昨日2個、昨日2個、今日3個。
これは何の数かというと、一日に食べたアイスクリームの数である。
いちおうコンビニのアイスクリームのコーナーで買ったから、アイスクリームということにしているが、厳密に言えばかき氷だ。
普通のアイスだと体が冷えてくれないが、かき氷だと、食べたあとに体が冷えて気持ちいい。
とくに口の周りが冷たくなるので、そこを触るもの心地よく感じる。

しかし、これだけアイスを食べると、糖や中性脂肪が心配になってくる。
ただでさえ、今ははち切れそうな腹をしているのだ。
これにアイスの糖分や脂肪が加わるわけだから、秋には凄い腹になっていることだろう。
想像したくない。


うちの風呂場には大きな鏡がある。
その鏡に自分を映しながら、ぼくはいつもヘラヘラ笑っている。
こうやると幸せがやってくるそうだ。
出来たら声を上げて笑った方がいいらしい。
だが、風呂場の音は外に漏れるのでそれは躊躇する。

さて、今日もいつものように鏡の前でヘラヘラ笑っていたのだが、何か顔がテカっているように見える。
その時は照明の具合だろうと思っていたが、そうではなかった。

風呂を上がってから実家に行ったのだが、その時に母から、
「何ね、あんたの顔」と言われた。
「なんか付いとる?」
「いや、焼けとるんよ」
「前から焼けとるやん」
「今日は格別に黒い」

そういえば、今日の日差しは、熱中症になるのではないかと思うほどすごかった。
今日も例のごとく昼間に歩いたのだが、その時はなるべく日陰を歩くなどして、頭をかばっていた。
おかげで熱中症になるようなことはなかった。
が、そのエネルギーは顔に作用したわけだ。

まあ、別にぼくは日に焼けてもかまわないのだが、世間ではそうではないらしい。
昔は日に焼けることが健康的だと言っていたのに、今ではシミ、ソバカスや皮膚ガンなどの原因だなどと、とかくマイナス要因のように言われている。
この調子でいくと、そういう声に過敏に反応し、外に出ただけで気分が悪くなるような神経質な人も、遠からず出てくるだろう。

花粉症がそうだった。
昔はそんなことで騒ぎもしなかったのに、一度その名前や症状が紹介されたとたん、「私も、私も…」というふうになり、あっという間に広がったのだ。
これも言葉による過敏症だと、ぼくは思っている。

出来たらぼくは、そういう人になりたくないのだが、ここ数年は若干花粉症気味だ。
しかし、日焼けだけには反応せずに、それが健康だと思っていきたい。
そうしないと、夏が楽しめない。


久しぶりに、友人のオナカ君と会った。
彼は相変わらず太っていて、腹回りなんかは相当なものだった。
ただ、以前はそれで笑っていたのだが、今は笑えなくなってしまった。
自分の腹も、オナカ君に負けず劣らず状態になってきたのだ。

何せ生まれて初めて、腹が重たいと感じるようになったわけだから、これは深刻な事態である。
座ると腹の肉が内蔵を圧迫するので苦しい。
だから、少しでも楽な姿勢でいようと、寝ころぶ。
その姿勢が腹の肉を助長する。
この繰り返しで、腹回りが膨らんだわけだ。

最近は、どうも「しょうがない、太るのは禁煙しているからだ」と、禁煙に逃げているところがある。
禁煙も今日で3ヶ月過ぎたことだし、これから先吸うことはほとんど考えられないわけだから、「禁煙しているから」で努力を怠ると、どんどん太ることになる。
というわけで、これから「禁煙しているから」は禁句にする。


 ※しょうがない…久間前防衛相によると、九州人の口癖らしいです。ということは、使わんとならんでしょう。


ウォーキングの時にはいつも同じGパンをはいているのだが、汗のせいで生地がパリパリになってしまい、ちょっとしたことで破れるようになった。
昔ならともかく、この歳になって破れたGパンもおかしいだろうと思い、昨年まで仕事用にしていたズボンをはくことにした。

仕事用のズボンは5本ほど持っているので、周期的にはき替えることが出来る。
そう思って、クローゼットから全部引っ張り出した。
ところが、ここで困った問題が起きてしまった。
どのズボンも入らない、というか、ウエストのフックが止まらないのだ。
それもギリギリ止まらないというのではない。
フック間の距離がかなりある。
ひどいので5㎝、他は2~3㎝位だ。
贅肉太りなので、腹を無理矢理引っ込めれば何とかはいるのだが、はいた後がきつい。
まるでコルセットをしているようなのだ。

先日言ったとおり、原因は禁煙である。
小食だし、毎日歩いているし、腹筋も鍛えているわけだから、それ以外に原因は考えられない。
もちろん禁煙する時に、ある程度の覚悟はしていたが、こんなに早くズボンのフックが止まらなくとは思ってもなかった。

しかし、これだけ節制しても太るのか。
これから先もタバコは吸わないと思うから、今後大病でもしない限り、体重を落とすのは無理だろう。
ということは、これらのズボンはもうはけないということになる。
もう1本のジーンズも窮屈になってきたし、もうはけるズボンがない。
ウエストの調整が出来る、礼服のズボンをはいてウォーキングをするわけにもいかないし、新たに買わないとならないなぁ。
明日ユニクロに行ってこよう。
いや、待てよ。
どうせすぐに入らなくなるのだから、ユニクロで買うのももったいない。
“しまむら”にしておくか。


風邪にビタミンCがよく効くと言われている。
風邪を引いた時、ぼくも何度かそれを試してみた。
だが、あまり、いやまったく効き目がなかった。
そのことを人に言うと、「それはタバコのせいだ」という。
タバコを吸うとビタミンCが破壊されるらしいのだ。
ということは、タバコを吸うと肌も荒れるということになる。

せっかく禁煙しているのだから、こういうことは確かめておきたい。
ま、時期が時期だから風邪を引くのは難しいが、肌のほうはすでに荒れているので、すぐにでも試せる。
これからビタミンCを摂ることで、どこまで肌荒れが改善できるかやってみたい。
しかし、改善のためにはどのくらいの量を摂ればいいのだろうか?
そのへんは、ちゃんと調べておかなければならない。
ぼくの性格からして、効くと聞けば、上限なく摂り続けるに違いないからだ。
例えば『C1000タケダ』換算で、ソバカス1本シミ2本とかいう、目安があれば楽なのだが。


禁煙してから2ヶ月が経った。
その頃、扁桃腺が腫れてしまい、なかなか元に戻らなかった。
こういう場合、病院に行くのが普通だが、病院嫌いのぼくは、そこで意固地になる。
「自然になった病気なんだから、自然に治してやる!」
ということで始めたのが禁煙だった。
幸いなことに、この2ヶ月間、病気を治す方に気持ちが行っていたので、禁断症状に悩むことはなかった。
もし、これが禁煙のための禁煙だったとしたら、禁断症状で落ち着きをなくしてしまい、長続きしなかっただろう。

さて、その甲斐あって、今はのどの痛みは治まっている。
もちろん咳や痰に悩まされることもなくなった。
これだけ見れば禁煙をやってよかったといえるだろう。
が、いいことばかりではない。
マイナスの効果というのもある。
実は、禁煙してから太る一方なのだ。
この2ヶ月で体重が5キロほど増え、腹回りの締まりもなくなってしまった。
そのため歩く距離も伸ばしたのだが、今のところ効果がない。
禁煙するまでは、節食とウォーキングの効果で、けっこう腹が絞れていた。
そこで、この夏は長年の夢だった白のTシャツが着れると思っていたのだが、この状況だと無理である。
今年の夏も、腹が目立たなくなる、黒系のTシャツに頼らなければならないのか…。


ウォーキングを始めたのは昨年の9月中旬だったから、もう9ヶ月目に入っている。
おかげで顔や腕はかなり日焼けしている。
ここまで日焼けしたのは、30年前に中国展でアルバイトして以来だ。
期間は1ヶ月だったが、一日中外にいたので、顔はテニスをやっている人のように真っ黒になっていた。
現在顔の肌にいろいろトラブルが出ているのだが、これはおそらくその時の後遺症だろう。

今は毎日およそ1時間歩いているわけだが、歩く時間はいつも正午前後なので、けっこう強い日差しを受けるのだ。
これは今だけではない。
真冬でも、晴れた日の直射日光は暑かった。

さて、30年前の日焼けの後遺症が今出るということは、今の日焼けの後遺症は30年後に出るということだ。
30年経てば、ぼくは79歳になるが、自分がその年になった時の姿が想像できない。
というか、想像したくない。
顔全体がシミ・そばかす・老班の巣になっているだろう。
それに加えてシワである。
ま、生きていればの話だが…。


腹痛できつい。
明日は運動会を見に行こうと思っているので、今日は早めに寝ることにする。
そういえば、明日は海軍記念日か。
わが連合艦隊がバルチック艦隊を撃破した日だ。
「天候晴朗」であってほしい。


このページのトップヘ